フォーゲル動物病院

vogel animal hospital

神戸市灘区にある犬猫だけでなくウサギ、フェレット、鳥類、ハリネズミ、デグー、フクロモモンガ、ミニブタ、ミーアキャット、プレーリードック、爬虫類などエキゾチックアニマルにも専門的医療を提供する動物病院です。

動物病院からのお知らせ

獣医師紹介

院長

略歴: 北里大学卒業

兵庫県、大阪の動物病院や夜間救急動物病院研修後、フォーゲル動物病院開業

所属:

鳥類臨床研究会 会員

日本獣医エキゾチック動物学会   理事

は虫類、両生類の臨床と病理のための研究会 会員

獣医アレルギーアトピー免疫学会 会員

比較歯科学研究会 会員

日本獣医皮膚科学会 会員

日本獣医がん学会 会員

日本獣医師会 会員

神戸市獣医師会 会員

世界動物病院協会 会員

ネオベッツ動物病院グループ 

日本臨床獣医学フォーラム

志学会 会員 関西の獣医師の勉強会グループ

葉月会 会員 関西の獣医師の勉強会グループ

二水会 会員 東播エリアの獣医師の勉強会グループ

日本動物高度医療センター連携病院

Association of exotic mammal veterinarians アメリカの哺乳類の獣医師団体 会員

Association of avian veterinarians アメリカの鳥類の獣医師団体 会員

The association of reptile and amphibian veterinarians  アメリカの爬虫類両生類獣医師団体 会員

2016-2018年神戸市獣医師会 理事

大学主催の定期的な大学病院研修を継続しております。

犬猫の超音波研修終了 心臓、iVEAT主催

犬猫の超音波研修終了 腹部臓器 IVEAT主催

犬猫の小動物臨床レクチャーシリーズ終了 内科

犬猫の皮膚科研修終了 葉月会主催

オリンパス上部内視鏡実習終了

学校飼育動物獣医師養成講座終了 東京都獣医師会主催

現在の研究テーマは鳥類、エキゾチックアニマル、爬虫類、両生類の臨床技術研究及び腫瘍の研究を病理医と共にしており国内有数の症例治療、研究実績を有しております。

                       講演、発表

    

2022 日本獣医エキゾチック動物学会夏季オンラインセミナー  獣医師向けミニブタ講演

2021 関西地方における家庭飼育の若齢ミニブタ(Sus scrofa domesticus)の細菌及びウイルスの抗体保有状況

2019 全身性の紫斑を呈した特発性血小板減少性紫斑病を疑うマイクロミニブタ(Sus scrofa domesticus)の一剖検例

2018 悪性腫瘍を想像する部位に発生したウサギの毛芽腫の2例

2017 眼球腫瘍との鑑別が困難であった緑内障のウサギの一例

2016 鳥類、爬虫類の消化管内異物に対して金属分析を行った2例

2014 チンチラに発生した虹彩毛様体癌の1例

2013 フトアゴヒゲトカゲにおける偽動脈瘤(pseudoaneurysm)を疑う1例

2013 ヨツユビハリネズミの好発性腫瘍疾患の3例

2012 ヨツユビハリネズミの子宮内膜間質ポリープ(Endometrial stromal polyp)の3例

2011 ウサギの悪性黒色腫の2例

2010 膣脱、直腸脱をおこしたミニブタの1症例

2008 様々な課題を残したミニブタの胃内異物の1症例

2007 猛禽類の誤食の2例

 

             論文 

 

Gastrointestinal stromal tumors with Kit gene mutation in 4 guinea pigs (Cavia porcellus).モルモットの腫瘍

Ueda K, Takanosu M, Kagawa Y, Ueda A, Ano N, Nomura K, Ozaki K.

Vet Pathol. 2022 Sep;59(5):740-746. 

Ovarian mixed germ-cell tumor comprising mature teratoma and embryonal carcinoma in a four-toed hedgehog (Atelerix albiventris) ハリネズミの腫瘍

Ueda K, Ueda A, Ozaki K.

Journal of Veterinary Medical Science83 ( 3 )   2021年03

A case of a malignant peripheral nerve sheath tumor in a guinea pig モルモットの腫瘍

Ueda K, Ueda A, Ozaki K.

J Vet Med Sci.   2019年12

Stromal-type nephroblastoma with or without anaplasia in two hedgehogs (Atelerix albiventris) ハリネズミの腫瘍

Ueda K, Ueda A, Ozaki K.

Journal of Comparative Pathology172   48 - 52   2019年10

Basal Cell Adenoma of the Salivary Gland and Possible Recurrence as Basal Cell Adenocarcinoma in a Black-tailed Prairie Dog (Cynomys ludovicianus) オグロプレーリードックの腫瘍

Ueda K, Ueda A, Ozaki K.

Journal of comparative pathology168   13 - 17   2019年04

Pleomorphic iridociliary adenocarcinoma with metastasis to the cervical lymph node in a chinchilla (Chinchilla lanigera). チンチラの腫瘍

Ueda K, Ueda A, Ozaki K.

The Journal of veterinary medical science81 ( 2 ) 193 - 196   2019年02

Cutaneous malignant melanoma in two rabbits (Oryctolagus cuniculus). ウサギの腫瘍

Ueda K, Ueda A, Ozaki K

The Journal of veterinary medical science 80 ( 6 ) 973 - 976   2018年06

Virus Genes

. 2013 Aug;47(1):173-7. doi: 10.1007/s11262-013-0913-3. Epub 2013 Apr 23.

 Detection of Avian bornavirus 5 RNA in Eclectus roratus with feather picking disorder.ボルナウイルスの毛引き

Horie M, Ueda K, Ueda A, Honda T, Tomonaga K.

Microbiol Immunol. 2012 May;56(5):346-9. doi: 10.1111/j.1348-0421.2012.00436.x. PMID: 22309239.

Molecular epidemiology of avian bornavirus from pet birds in Japan  鳥のボルナウイルスの研究

Yukiko Sassa 1, Masayuki Horie, Kan Fujino, Naomi Nishiura, Sachiko Okazaki, Tetsuya Furuya, Makoto Nagai, Tsutomu Omatsu, Atsushi Kojima, Masaya Mizugami, Kengo Ueda, Haruko Iki, Kazumasa Ebisawa, Keizo Tomonaga, Tetsuya Mizutani

Affiliations expand

PMID: 23609929 DOI: 10.1007/s11262-013-0913-3 

Optimum Culture Conditions for Production of Exfoliative Toxin by Staphylococcus hyicus ブタの皮膚病の研究

February 1995Microbiology and Immunology

Takao Watanabe Taishi Tanabe  Hisaaki Sato Yoko fuse  kengo ueda  katsutoshi Nakano  Hiroshi saito Nobutoshi Maehara

 

獣医師向けの手術解説 本執筆

2018年 インターズーエキゾチック診療 鳥の軟部外科手術 フクロウの胃内異物に対する胃切開手術 解説 

亜希子獣医師

略歴

酪農学園大学卒業

クウ動物病院勤務

所属:

鳥類臨床研究会 認定会員 理事

鳥類に関する豊富な診療治療実績を有しております